事務代行サービスの料金が高い?安くておすすめの外注会社特集

事務代行

バックオフィスなどの業務を担ってくれる事務代行サービス。

事務代行サービスって知らないところばかりだし、どれくらいの料金かもわからないので、

「どの会社に頼めばいんだろう・・・」

「外注するメリット、デメリットを知りたい」

「選び方のポイントは?おすすめどこなの?」

と思っている方も多いのではないでしょうか?

事務代行サービスの料金から考えると、格安で満足度も高いフジ子さんさんやneneがおすすめです。

この記事では、事務代行サービスに外注するメリットや料金、おすすめのアウトソーシング業者をご紹介します。

【事務代行サービス関連記事】

雑務とはどんな意味?失礼って本当?使い方をご紹介

事務代行サービスとは

事務代行とは会社の事務業務をアウトソーシングするサービスです。社内の事務業務を代行業者が代わりに行います。

一般事務の業務は定型化されていることが多く、アウトソーシングしやすい業務であるといえます。

社内のルーティン化した事務業務を外部に委託し、社員は優先順位の高い業務に集中できます。

事務職員を多く雇う必要がなくなりますので、採用コストや教育コスト、人件費を削減することもできます。

事務員が日常的に常駐するほどの仕事量がない場合や退職や出産で一時的に事務員が抜けてしまった場合に事務代行サービスは役に立ちます。

事務代行サービスは、会社によって対応できる業務が異なります。

事務代行サービスを探すうえで大切なことは、任せることのできる仕事の種類やそれにかかる料金を確認しておくことです。

任せたい仕事が任せられなかったり、想定以上の料金がかかってしまっては本末転倒です。

事務代行サービスの業務・仕事内容

デスクトップ, 探して, ワークスペース, キーボード, 仕事, コーヒー

事務代行が提供しているサービスは、以下のようなものがあります。

電話・メール・来客対応、社内文書の作成・管理、クレーム対応、発注・出荷対応、スケジュールや顧客の管理など業務は多岐にわたります。

事務代行サービスを利用することで文書の作成や顧客情報管理など、効率化できるルーティンワークを外部に委託できます。

事務代行サービスの具体的に見ていきましょう。

社内文書の作成・管理

社内文書には報告書や提案書、議事録などがあります。社内文書はビジネスで情報の伝達や意思確認を目的とした文書であり、社内文書の作成や管理は会社に必要な業務の一つです。

会社には保存の必要な文書がたくさんあります。

社内文書は社内の情報を共有するための文書です。

企業では様々な情報を人から人へ正確に伝える必要があります。

この時に「伝言ゲーム」のように途中で内容が変われば困ってしまいます。

社内文書の管理がずさんであれば紛失や情報漏洩の危険性も生じます。

社内の顧客情報や個人情報が流出してしまっては、会社の信用を失ったり損害賠償が発生してしまう可能性があります。

文書をしっかり管理することで業務の効率化につながり、書類紛失のリスクを防ぐことができます。

事務業務に精通している事務代行サービスに業務委託することで、効率的に文書の作成や管理ができます。

受発注・出荷管理

受発注業務とは文字通り他社の注文を受けたり、他社に注文を出したすることです。

出荷管理業務は、社内の出荷計画や出荷検査を行います。

販売部門から生産部門へ問い合わせや受注を行います。

モノが売れれば在庫が減ります。減った分の商品を発注しなければ在庫を切らしてしまいます。

商品の在庫がなくなりお客様に対して商品をお届けできなかったり発想が遅れてしまっては大問題ですよね。

受発注業務や出荷管理業務をアウトソーシングすることで、業務の可視化による業務フローの見直しを行い効率性の向上が期待されます。

受注などの業務を一元化することができるので業務のムダを見つけやすいです。

受発注が多くマーケティングや営業活動に人手を割けない場合や受発注管理の人件費を削減したい場合に事務代行サービスがおすすめです。

クレーム対応

事務代行業者にもよりますが、クレーム対応のサービスを提供している場合もああります。

お客様相手の商売をしていればクレーム対応はどうしても避けられないもの。

例えば、クレーム対応への不手際で会社のイメージをさらに悪くしてしまってはと考えると怖いですよね。

クレーム対応に手間取ると会社の評判や印象を傷つけてしまう可能性があります。クレーム対応の不手際によりお客様が離れてしまっては、その損失は大きいです。

クレーム対応に慣れている社員は多くないはずですし、クレーム対応をしていて他の業務に遅れが生じてしまう可能性があります。

例えば、クレーム対応に追われて取引先への営業の予定が潰れてしまっては困りますよね。

対応に慣れた事務代行業者がクレーム対応を行うことで、お客様の怒りを抑えお客様が離れてしまうのを防ぎます。

一時的なクレーム対応を事務代行サービスが行いその後社員が対応することで、時間や精神的な負担を軽減し円滑に問題を解決できます。

事務代行サービスに業務委託するメリット

まず最初にご紹介するのが、事務代行サービスに外注するメリットです。

事務代行サービスに外注すると「仕事に集中」できたり、「固定費がかからない」などのメリットがあります。

仕事に集中することができる

事務作業はどんな企業であれ発生する業務です。

その一方で、仕事の難易度は高くないので、社長や役員、エース社員クラスが事務を行うのはかなりもったいないです。

この事務作業を事務代行サービスにアウトソーシングすることによって、重要な業務に集中することができます。

事務作業に追われてしまうと本来やるべき仕事ができなくなるため、生産性はかなり落ちます。

事務作業を外注することによって、本来やるべき仕事に集中できるので、生産性が上がります。

固定費がかからない

事務代行サービスを頼む場合、人件費ではなく外注費になります。

事務の社員を雇うとなると、景気などの煽りを受けて事務の費用を減らしたいとなっても、リストラは難しいため、なかなかできません。

その一方、事務代行サービスは契約期間が終われば契約解除できるので、固定費になりません。

経営的な話をすると固定費をいかに減らしていくかが重要になってくるので、このメリットはかなり大きいです。


事務代行サービスの料金相場

まず、事務代行の料金についてです。

事務代行の料金についてですが、主に「月額制」と「従量課金制」の2つに分かれます。

この記事では、月額制と従量課金制の2つに分けて事務代行サービスの料金についてご紹介します。

月額制

まず1つ目が月額制の料金についてです。

月額制の料金相場は時給換算で2,000円〜4,000円程度になります。

中には格安の事務代行もあり、事務代行を行なってくれるオンライン秘書サービスのフジ子さんのプランの中には時給換算で1,590円のプランがあり、かなり安いです。

また、料金の安い事務代行ですが、安いだけではなく以下のようなメリットもあります。

わかりやすさ

質の高さ

幅広さ

それでは、上記のメリットを個別に見ていきましょう。

わかりやすさ

月額料金制の事務代行サービスをおすすめしている一つ目の理由がわかりやすさ。

事務代行と一言にいっても経理事務や人事事務、営業事務、仕分け作業など事務仕事には様々な業務が存在し、かなり幅広いです。

これだけ多くなると頼む側からすると、どれくらいの仕事内容でどれくらいの料金が妥当なのかどうか判断つきません。

そうなると、思わぬところから余計な支払いが発生するケースもありますし、それもなかなか気づきません。

質の高さ

月額制の事務代行は質の高いサービスが多いです。

月額制の事務代行の中には、厳選採用しているところも多く、HELP YOUというサービスではなんと採用率1%です。

つまり、100人に99人はふさいようになっているわけで、レベルの高いアシスタント陣が事務代行を行ってくれます。

もちろん、月額制だからといってレベルが高い訳ではありませんが、質の高い事務代行は月額制に多い印象があります。

幅広さ

幅広く対応してくれるのも月額制事務代行サービスのメリットといえます。

事務代行も行ってくれるオンライン秘書では、事務はもちろんのこと、人事アシスタントやweサイトやECサイトの運営までかなり幅広く業務を行っています。

一般的な事務代行サービスでは、事務業務しか行ってくれませんが、オンライン秘書は本当に幅広く行ってくれるので、かなりおすすめと言えるでしょう。

オンライン秘書サービスとは!?オンライン秘書を使うメリット、デメリット

従量課金制の事務代行

もう一つの事務代行サービスははこの従量課金制の事務代行になります。

この事務代行は時間や月額といった料金は取らず、業務量に応じて料金が発生する仕組みです。

書類の作成や税務補助など業務内容によって異なる費用が発生します。

使わなかったら料金がかからない(例外もあり)ケースがある一方で、たくさん使ったらかなりの費用になります。

また、任せる業務によっては都度都度料金について聞かないといけないですし、やってれない場合もあるので、かなり面倒なケースも多くあります。

月2〜3万円の出費も惜しい企業にとってはいいサービスだと思いますが、それ以上の費用を払える企業はあまりおすすめしません。

料金が安くておすすめの事務代行会社

ここまで事務代行の料金をご紹介してきました。

料金が安くておすすめの事務代行をご紹介します。

フジ子さん:圧倒的な価格安さ

料金の安いおすすめの事務代行1つ目がフジ子さん。

フジ子さんは幅広く仕事をお願いできるオンラインアシスタントサービスになります。

横文字で難しくなりましたが、やっていることは一般的な事務代行サービスとはオンラインでやりとりするくらいの違いしかありません。

フジ子さんの魅力は事務代行サービスだけではなく、人事サポートや翻訳、ECサイトの管理まで行なってくれるので、対応業務が幅広く使い勝手が非常にいいです。

また、時給換算で1,590円と料金の安さも魅力です。(一番安いプラン)

事務代行だけはなく幅広くやってほしい企業におすすめです。

料金 月額47,000円

体験 二週間無料

サービス特色 低料金が特徴。業界平均の半額程度の料金が魅力。

PCでできることならなんでも依頼できる。

経理、人事、英語、ECサイト管理やイラストレーターの手配まで。

フジ子さんはこちらから

Genny:安さが魅力

料金から考えるおすすめの事務代行2つ目がGenny。

Gennyは圧倒的な料金の安さで事務代行をしてくれる秘書サービスです。

月最大200時間でサポートしてくれるのですが、その料金はなんと10万5,000円です。

10万円で競合の事務代行サービスでは到底及ばない量の事務代行業務を行なってくれます。

また、トライアルプランであれば、時給60円で事務業務をお願いすることができるので、破格の安さと言えるでしょう。

Gennyはこちらから

HELP YOU:優秀なワーカーが在籍

HELP YOU(ヘルプユー)

料金 月額10万円

体験 一ヶ月10万円のトライアル

サービス特色

事務代行だけでなく採用やECサイトの運用など対象範囲が広い

専用アシスタントと10人のアシスタントがサポートしてくれる事務代行です。

採用率1%の狭き門を突破したアシスタントが揃っています。

研修やOJTを受けたアシスタントが特徴です。

営業時間は9時から18時までです。

HELP YOUはこちらから

HELP YOUの評判・口コミ!アシスタントが本当に優秀

ランサーズ

料金 交渉次第

体験 特になし

サービス特色 低料金で随時業務を委託できます。

業界最大級のクラウドソーシングサイトでなので様々な条件のワーカーを選べるのが特色です。

個人事業主などに代行するので料金は交渉次第でお安くできます。

また、個人なので融通がきく場合もあります。

前職や研修を受けているかは様々なので質にはバラツキがあります。

前職の経験や個人事業主としての実績、クライアントの評価などを参考に選定すると良いでしょう。

対応時間も交渉次第で融通がきくかもしれません。

ランサーズはこちらから


まとめ

ここまで事務代行サービスの料金や外注するメリット、おすすめのアウトソーシング業者をご紹介してきました。

事務代行サービスは安い業者に頼めばかなり安くなりますし、本来集中するべき業務に集中できるなどのメリットもあります。

事務代行サービスの中ではフジ子さんのように、無料トライアルを行っているアウトソーシング業者もあるので、一度試してみるのをおすすめします。

無料トライアルの実施はこちらから

コメント