事務代行サービスの費用と相場を紹介!費用から考えるおすすめの業者

一般の企業の繁忙期では、事務業務が負担になる年末年始や確定申告には人手が欲しい物です。

そんな時には「事務代行サービス」を使えばそれらの繁忙時期に人手を調整できて、人件費のコストも抑える事ができます。

そこでここでは、事務代行を利用する時の費用や相場を紹介していきます。

またおすすめの事務代行も紹介していきます。

事務代行サービスの費用・相場

まずは事務代行の「費用」の方からの紹介ですが、これは事務代行サービスの違いや代行してもらう仕事の内容によって異なります。

また時給支払いや月額支払いなどで分かれていて、時給支払いの時には1日からでも代行してもらう事ができて、月額で支払うときにはその月の中で時間制限がある事が多いです。

費用の内訳もその代行業者の料金プランによって異なり、契約時間内ならば事務作業の種類に関係なく一律の料金のものや、事務作業の種類によって料金が異なる代行業者もあります。

その時の「相場」は時給払いの代行ならば1時間1500円~2500円ぐらいの所が多く、月額で支払う料金プランもこのぐらいの額の時給換算で支払われる事になります。

単純な郵便物やメールの発送の事務作業では1000円前後時給になっていて、一般のアルバイトの事務員を雇うぐらいの料金になり、複雑な確定申告の取りまとめなどでは2000円以上の時給になる事が多くなります。

月額のプランの事務代行では50,000円~120,000円ぐらいの相場なっていて、業務内容によってその費用が違います。

多くの業種やより複雑な作業を要する業務を委託する程その費用は高くなりますが、人を直接雇い入れる事に比べると、人件費を抑える事ができるので上手く使えば便利なサービスと言えます。

費用・相場から考えるおすすめの事務代行サービス

ここではおすすめの事務代行サービスを紹介します。

事務代行サービスは利用する企業や業種によって使い分ける事で費用や人件費をさらに抑える事ができるので、代行サービスごとに特色を知る事も大切です。

フジ子さん

フジ子さんは他の事務代行サービスの中でも料金が安い事が特徴です。

1ヶ月の利用で30時間のプランならば69,000円で利用出来て、他の代行サービスの相場と比べても料金は安く、人気のオンラインアシスタントとなっています。

依頼できる業種には経理、秘書、総務、人事、webサイト運用が主に依頼する事ができます。

プランには上記のプランの他20時間と50時間があり、さらに無料で利用できるトライアルプランがあるのが、おすすめの理由です。

2時間の無料トライアルを利用した後に「プラン20」「プラン30」「プラン50」の中から選びその料金は、47,000円・69,000円・99,000円とそれぞれなっていて相場と比べても安くなっています。

アシスタントには20代~40代の女性が多く、事務・オフィスワークの経験豊かな女性が在籍しています。

フジ子さんはこちらから


HELP YOU

HELP YOU(ヘルプユー)はチームとして様々なサポートをしてくれるのが大きな特徴で、専用のスキルをもったスタッフが豊富にいる事が強みです。

経理、秘書、デザイナー、マーケティング、総務などひとつのチームとなってくれる事で企業のサポートをしてくれ、窓口になる人間を一人にする事が出るので、時間の短縮や手間を省く事ができます。

例えば、記帳と書類作成とマーケティングの仕事を事細かく依頼する時には、3人のスタッフに業務の説明を別々にしなければ行けませんが、チームの代表者がいるのでその代表者に3つの業務を伝えれば代行チームの方で仕事を振り分けて業務を行ってくれます。

料金プランでは3つのプランがあり「エコノミー」「ビジネス」「ファースト」の3つのプランが用意されていて、それぞれ特徴があります。

エコノミーでは3ヶ月の利用が出来て、月額が100,000円の料金になっています。

その特徴は、すぐに利用したい人や、すぐに終わらせることの出来る業務の場合には向いています。

ビジネスでは6ヶ月の利用が出来て、月額が90,000円の利用になります。

エコノミーよりも複数の業務や業務の改善といったやや複雑な依頼を頼みたい時に向いています。

ファーストでは12ヶ月の利用が出来て月額が、80,000円の料金になっています。

長期的なパートナーとして利用したい人に向いていて、長い業務や依頼を頼みたい人に向いています。

ランサーズ

ランサーズはクラウドソーシングとして確立されていて事務の代行も依頼する事ができます。

月の会費や登録料、入会料などもなく作業の料金だけを支払うだけになるので、より厳選した作業や依頼内容をこなしてほしい企業にむいています。

ランサーズで事務代行を依頼する場合にはランサー(受注者)との間でその金額が決められていきます。

事務の作業内容にはECサイトのメール対応、アンケートなどの調査集計、Excel作成、外国語の翻訳などの作業の内容があります。

料金の相場はその業種や依頼内容によって異なりますが、1つのメールで100円や1つのExcel集計で5000円といったものになります。

ランサーズは上記の2つの事務代行よりも、コストはおさえる事ができますが、個人の登録者が作業するため確実性や正確性にやや欠けてしまう欠点もあります。

まとめ

事務代行の費用とその相場、おすすめの事務代行を紹介しましたが、事務代行を上手く使えば人件費を抑える事もできるので、今では人気のサービスとなっています。

依頼する仕事内容ごとにその得意不得意がその代行サービスにとって異なるので、その仕事内容によって使い分けるとよりコストを抑える事ができます。

また、その時の費用と相場を照らし合わして信頼ある事務代行サービスを選ぶ事も重要になります。

コメント